慰謝料を請求する

慰謝料の請求の中でも、一般的にわかりやすい交通事故の場合での事故発生から慰謝料受け取りまでの流れをご紹介します。

事故が発生したら、速やかに警察に通報します。保険会社にも連絡しましょう。警察への通報や保険の手配は、被害者の義務になります。警察への届け出は必須で、これがなければ保険が利用できません。そして治療開始、病院に通います。自覚症状の有無にかかわらず、病院には行きましょう。むち打ち症などは、すぐには症状が出ない場合もあります。症状固定がすると治療の終了です。症状固定とは全快ということではなく、症状が安定したということです。保険金支払いの関係もあるので、治療をあまり延ばせないための措置です。不安がある場合は医師に相談しましょう。後遺障害の認定についても確認しましょう。後遺障害の認定は一般的に認められます。症状固定は全快ということではないので、痛みが残る場合は遠慮せずに申告しましょう。そして、示談交渉、慰謝料の請求です。人身事故の場合は、慰謝料の請求で揉める場合も少なくありません。先程あげた後遺障害はもちろん、休業損害、通院交通費など請求できる種類も多くなります。これらは、事故に遭わなければ、掛からなかった費用です。納得がいかない場合は、弁護士などに相談しましょう。成立すると、慰謝料を受け取り、示談交渉の終了です。後遺症などの場合もありますので、気になる場合は遠慮せずに連絡をしましょう。

一概に慰謝料といってもさまざまなケースがあります。受け取る側は多くもらいたいですし、支払う側は少ないに越したことはありません。もともと相見えないものなので、揉めるのも当たり前のことなのです。被害者が費用を負担することはおかしいので、請求だけは遠慮せずに行いましょう。